特集・お知らせ

短編アート・アニメ「とつくにの少女」第23回ファンタジア国際映画祭 正式招待作品として出品、ワールドプレミア上映決定のお知らせ

短編アート・アニメ「とつくにの少女」イメージボード ©2019 ながべ/MAG Garden,Production I.G

WIT STUDIOがアニメーション制作を行う短編アート・アニメ「とつくにの少女」が、第23回ファンタジア国際映画祭にて正式招待作品として出品され、クロージングフィルムのひとつとして、現地時間8月1日(木)18:45よりワールドプレミア上映されることが決定いたしました。

なお、本作品は2019年9月10日(火)発売「とつくにの少女」第8巻<初回限定版>に同梱されるDVDに収録されます。

◆ファンタジア国際映画祭について

カナダのモントリオールで行われる、カナダを代表する国際映画祭で、今年は7月11日(木)~8月1日(木)まで開催されます。本映画祭では、ビジュアルとコンセプトに優れた SF、ホラー、アドベンチャー、ファンタジー、アニメーション映画など、世界各地から厳選された作品が上映されます。毎年13万人以上の映画ファンが参加し、年々その規模を拡大し、高い評価を受けている映画祭です。


◆アニメーション作品について

【タイトル】
短編アート・アニメ「とつくにの少女」

【発売日】
2019年9月10日(火)
※「とつくにの少女」第8巻<初回限定版>のDVDとして同梱予定

【スタッフ】
原作:ながべ「とつくにの少女」(マッグガーデン刊)
監督:久保雄太郎、米谷聡美
音楽:Schroeder-Headz
音楽制作:フライングドッグ
音響監督:はたしょう二
アニメーション制作:WIT STUDIO

【あらすじ】
昔々、遠く遥けき地に二つの国ありて――。異形の者棲まう『外』と、人間が住まう『内』に分かたれた世界で共に生きる捨て子と異形の者……これは宵に佇む、ふたりのお話。

ファンタジア国際映画祭 公式サイト
  • シェア
  • ツイートする
  • いいね!
  • LINEで送る