特集・お知らせ

『櫻井孝宏さんロングインタビュー』(「月刊コミックガーデン7月号」掲載)一部公開!

好評発売中の「月刊コミックガーデン7月号」に掲載中の『櫻井孝宏さんロングインタビュー』から見どころの一部を特別に公開!!
映画を観た方も、これからの方も必読の内容です!

【山崎 烝に関して】

映像としては久々になりましたが、ドラマCDなどのコンスタントな収録はあったんです。僕としては今回“改めて”という感覚や戸惑いのようなことは覚えることなく、地続きというか、ずっとやってきたことの延長線上にあるものとして演技させていただきました。

ただ鉄之助や鈴の成長がキャストにもたらす変化というのはありましたね。それが、作品をぐっと前へ進ませるエネルギーになっていたように感じます。

―今回の劇場には出てこないのですが、ドラマCDでやられた北上篇の序盤で鉄之助がだいぶ明るい性格から冷たい性格に変わってしまっていましたが、そちらを初めてご覧になった時の印象はいかがでしたか?

寂しさを感じるところはもちろんありましたが、僕個人としては鉄之助の変化もわりと冷静に見ていましたね。

【金城白子に関して】

―続いて金城白子についてはいかがでしたでしょうか?

白子の若い頃の話って原作では少ししか描かれないんですよね。

そういう意味では今まで、キャラクターの土台、基板にしていくものがなかった。だからこそ今回やらせていただいたことによって、0話というかライジングというか、彼の生い立ちを知ることができたなと感じています。でも、それが結構重いんですけどね。

―改めて演じられて、ブランクは感じられましたか?

この作品もドラマCDなどで収録はあったので、さほど久しぶりだとは感じませんでした。

ただ、これまでにみんなが見たことのない、まだ知られていない白子の若い頃を描いた作品ではあるので、一からキャラクターを作っていく感覚はありましたね。

―両キャラクターとも「忍」で「主人公の親友」という共通点を持ちますが、櫻井さんからみてこの二人に共通点はありますか?

「影に生きる」ということではないかと思います。忍って、今でこそ侍と同じようなポップカルチャーみたいに捉えられているところがあると思うんですけど、そもそも名前もないような人たちですよね。忍であるという時点で、「業」を背負ってるなあって思うんです。それが影という言葉を想起させますし、彼らの共通点でもあるなと思わせます。

それを踏まえると、新撰組という場所があり、そこに自分がいるということが、山崎にとって非常に大きな意味を持っているんだと改めて感じますね。

彼を彼たらしめているのは、やっぱり新撰組という存在ではなかろうか、みたいな。

全文は発売中の「月刊コミックガーデン7月号」で!

  • シェア
  • ツイートする
  • いいね!
  • LINEで送る