マッグガーデンブックス

PSYCHO-PASS サイコパス

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System 下

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System 下

【著者】
吉上亮・茗荷屋甚六
【発売】
2019年12月25日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,300円+税

あらすじ

「Case.3 恩讐の彼方に__」

 2116年に起きた東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。
南アジアの小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。その中には、テンジンと名乗るひとりの少女がいた。かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。出口のない世界の縁辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける、この世界の様相とは…。

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System 上

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System 上

【著者】
吉上亮・茗荷屋甚六
【発売】
2019年11月25日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,300円+税

あらすじ

「Case.1 罪と罰」

 2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。その運転手は青森にある潜在犯隔離施設〈サンクチュアリ〉の心理カウンセラー・夜坂泉だった。しかし取調べ直前に夜坂の即時送還が決定する。監視官の霜月美佳は、執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のため青森へ向かう。そこで待っていたのは、〈偽りの楽園〉だった。

「Case.2 First Guardian」

 常守朱が公安局刑事課一係に配属される前の2112年夏、沖縄。国防軍第15統合任務部隊に所属する須郷徹平は、優秀なパイロットとして軍事作戦に参加していた。三ヶ月後、無人の武装ドローンが東京・国防省を攻撃する事件が発生する。事件調査のため、国防軍基地を訪れた刑事課一係執行官・征陸智己は、須郷とともに事件の真相に迫る。