マッグガーデンブックス

銀河英雄伝説

不朽の名作、装いを新たに刊行開始!

スペースオペラの名作『銀河英雄伝説』が、
テレビアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」
の放送を記念して発売!
ふたりの名将の生き様を刮目して見よ。

カバーイラストの作画は
「銀河英雄伝説 Die Neue These」で
キャラクターデザインを務める菊地洋子氏が担当。

巻末には、田中芳樹先生の
録りおろしインタビューを掲載!

銀河英雄伝説Ⅶ 怒涛篇

銀河英雄伝説Ⅶ 怒涛篇

【著者】
田中芳樹
【イラスト】
カバー(作画)/菊地洋子
【発売】
2018年10月20日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,370円+税

あらすじ

 自由惑星同盟政府から謀殺されそうになったヤン・ウェンリーはハイネセンを脱出し、旧第十三艦隊の仲間たちと合流した。いまや不正規軍となったヤンたちは、新たな活動の拠点とするべく、イゼルローン要塞の最奪取をはかる。
 一方、銀河帝国皇帝ラインハルト・フォン・ローエングラムは、自由惑星同盟を覆滅すべく、第二次「神々の黄昏」作戦を開始。首都星ハイネセンへと進撃を開始する。これを迎え撃つのは同盟軍の宿将アレクサンドル・ビュコック。専制政治と民主共和政治。最後の戦いが始まる――。

銀河英雄伝説Ⅵ 飛翔篇

銀河英雄伝説Ⅵ 飛翔篇

【著者】
田中芳樹
【イラスト】
カバー(作画)/菊地洋子
口絵(作画)/永島明子
【発売】
2018年9月21日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,370円+税

あらすじ

 5世紀にわたり人類の過半を支配してきたゴールデンバウム王朝は、ラインハルト・フォン・ローエングラムの即位によりその役割を終えた。後世の歴史家からはローエングラム王朝と呼ばれる新たな歴史がはじまったのだ。臣民は、清廉で公正な新体制を歓呼の声で迎えるが、それを憎む者たちも存在した。新皇帝ラインハルトに暗殺の危機が迫る。
 一方、自由惑星同盟軍を退役したヤン・ウェンリーは、フレデリカ・グリーンヒルとともに念願の年金生活を満喫していた。しかし、自由惑星同盟を取り巻く情勢は、彼に安穏とした生活を送ることを許さない。
 宇宙暦799年、またしても歴史は大きく動き出す――。

公式ストアで購入 Amazonで購入 楽天ブックスで購入

銀河英雄伝説Ⅴ 風雲篇

銀河英雄伝説Ⅴ 風雲篇

【著者】
田中芳樹
【イラスト】
カバー(作画)/菊地洋子
口絵(作画)/津島桂
【発売】
2018年8月21日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,370円+税

あらすじ

 ラインハルト・フォン・ローエングラムは、「銀河帝国正統政府」なる旧勢力と、それを支援した自由惑星同盟を討つべく「神々の黄昏」作戦を発動した。フェザーン自治領を制圧し、自由惑星同盟領に艦隊を進めた銀河帝国軍は、敵の首都星ハイネセンに向けて進軍を開始する。
 ハイネセンからの訓令を受けたヤン・ウェンリーは、イゼルローン要塞の放棄を決定する。それは逃げるためではなく、起死回生の一手を打つためだった。
 アスターテ会戦、アムリッツァ会戦と続き、三度ぶつかるラインハルトとヤン。果たして、勝利の女神はどちらに微笑むのか――。

公式ストアで購入 Amazonで購入 楽天ブックスで購入 セブンネットで購入

銀河英雄伝説Ⅳ 策謀篇

銀河英雄伝説Ⅳ 策謀篇

【著者】
田中芳樹
【イラスト】
カバー(作画)/菊地洋子
口絵(作画)/宮川智恵子
【発売】
2018年7月21日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,370円+税

あらすじ

 帝国宰相と帝国軍最高司令官を兼任し、銀河帝国の実質的な統治者となったラインハルト・フォン・ローエングラム。ある日、彼のもとに不審な情報が届けられる。リップシュタット戦役で敗れた門閥貴族の残党が、帝都オーディンに潜入したというのだ。この情報が何者かからの密告によると聞いたラインハルトは、潜入した貴族たちの目的と、その裏で糸を引くフェザーンの存在を看破する。
 一方、ガイエスブルク要塞との死闘を制したヤン・ウェンリーと彼の部下たちは、一時的に静かなときを過ごしていた。しかし、自由惑星同盟最高評議会議長ヨブ・トリューニヒトの演説により、つかの間の平穏も消え去る。それは、銀河帝国皇帝エルウィン・ヨーゼフ二世が自由惑星同盟への亡命を希望するという驚くべきものであった――。

公式ストアで購入 Amazonで購入 楽天ブックスで購入 セブンネットで購入

銀河英雄伝説Ⅲ 雌伏篇

銀河英雄伝説Ⅲ 雌伏篇

【著者】
田中芳樹
【イラスト】
カバー(作画)/菊地洋子
口絵(作画)/津島桂
【発売】
2018年6月21日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,370円+税

あらすじ

 リップシュタット戦役に勝利し、帝国の中枢から門閥貴族らを一掃したラインハルト・フォン・ローエングラムだったが、その代償はあまりにも大きかった。最大の腹心、そして、唯一無二の友との約束を果たすべく、彼は宇宙を手に入れようと決心する。折しも、そこに新たな作戦が具申された。それはガイエスブルグ要塞をワープさせ、これをもってイゼルローン要塞を攻略せんとする壮大無比な計画だった。
 一方、自由惑星同盟のヤン・ウェンリーのもとには、同盟政府から召喚命令が届いていた。法的根拠のない「査問会」の席で、同盟政府の要人たちはヤンの国家への忠誠心を問いただすのだった――。

公式ストアで購入 Amazonで購入 楽天ブックスで購入 セブンネットで購入

銀河英雄伝説Ⅱ 野望篇

銀河英雄伝説Ⅱ 野望篇

【著者】
田中芳樹
【イラスト】
カバー(作画)/菊地洋子
口絵(作画)/藤城香菜
【発売】
2018年5月21日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,370円+税

あらすじ

 自由惑星同盟による帝国領への大攻勢を阻止したラインハルト・フォン・ローエングラム。彼は自身に忠誠を誓う部下を従えて、帝国軍内の地位をより盤石なものとした。それに反発をした守旧派門閥貴族たちが、ラインハルトの排除を目的として武力反乱を起こす。帝国を揺るがす内乱――リップシュタット戦役が始まった。
 そのころ、自由惑星同盟では各地で同時多発クーデターが勃発。統合作戦本部長代理であるドーソン大将からヤン・ウェンリーは、その鎮圧の命を受ける。しかし、そのクーデター代表者の名前はヤンもよく知る人物だった――。

公式ストアで購入 Amazonで購入 楽天ブックスで購入 セブンネットで購入

銀河英雄伝説Ⅰ 黎明篇

銀河英雄伝説Ⅰ 黎明篇

【著者】
田中芳樹
【イラスト】
カバー・口絵(作画)/菊地洋子
【発売】
2018年4月21日
【判型】
B6/ソフトカバー
【定価】
本体1,370円+税

あらすじ

 人類が地球から旅立ち8世紀あまり。遠く離れた銀河で、巨大な帝国を築いたゴールデンバウム王朝と民主共和制を掲げる自由惑星同盟が長い間戦争を続けていた。
 宇宙暦796年、帝国暦487年、膠着状態が続いたこの戦争だったが、帝国軍上級大将のラインハルト・フォン・ローエングラムと同盟軍准将のヤン・ウェンリーが、アスターテ星域で相まみえたことで変化の兆しが現れる――。

公式ストアで購入 Amazonで購入 楽天ブックスで購入 セブンネットで購入