著者:
戸土野正内郎

徳川の天下が定まり、訪れたかに見えた太平の世…がそれは彼らにとって新たな「乱世」の始まりだった!大阪夏の陣で戦った 真田源四郎と戸隠の九喪(クモ)、敵同士だったはずの二人には何故か奇妙な連帯感があった。果たして彼らは何者なのか…!? 骨太の本格時代劇アクション、開幕!!

BLADE レーベル

お気に入り
  • Loading

次回の更新予定は12月30日です。

公開中の話数一覧

キャラクター

  • 九喪(クモ)

    九喪(クモ)

    鳳家の隠し城に囚われていた忍(しのび)。人生の九割を山の中で暮らしたと言われ、素早い身のこなしと奇妙な術で敵を翻弄する。栗の強飯(こわめし)が大好物。

  • 真田 源四郎(さなだ げんしろう)

    真田 源四郎(さなだ げんしろう)

    鳳家に武器と兵糧を都合した、やり手の商人。実は物資以外の商いもする謎の男。九喪とは大阪夏の陣で戦った敵同士。口癖は「だってお金ってイイじゃない」。

  • 大獄丸(おおたけまる)

    大獄丸(おおたけまる)

    巨漢の鳳家牢番。主家である鳳を嫌っているが、鳳を裏切った百鬼にはより強い憎悪を抱く。重いねじり鉄棒を軽々と扱える膂力の持ち主。通称「馬圧(うまへ)しの大獄丸」。